Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の記事が一年以上前でワロタ。一旦書くことを止めるとそれで生活習慣できちゃうからなあ。メッセンジャーも久しく起動してなかった為に前のアドレス止まってた? らしく、登録していたアドレスも消えてしまっていた。期限半年だっけ? 無料サービスだし仕方ない所だろうか。

RSSリーダーの端っこにでも残ってれば読んでもらえるかなーと思いながら、心配掛けてるかもしれないので近況報告をば。この一年で何か変わったことがあったかといえば大したこともなく、例の病気が再燃して色々と先送りになった、というくらい。まだ頑張らねばならないのだけども、頑張ると病気が悪化したりするもんでなかなかうまくいかないもんです。世の中不景気で流れも悪い、努力教の教えもわかるけど、もうちょっとどうにかならないものか。そう思うのは甘いんだろうかなあ。あ、病気の方は今はだいたい落ち着いて大丈夫です。いつまた悪くなるかわからないけども!

体調悪くなると必然的に外出する機会が減るのですが、その暇を潰す為にと割と最近、いよいようちも次世代機(もう全然次世代じゃないけど)を導入いたしました。「PS3」もちょっと考えたけど、結局「Xbox360」を購入。「Wii」は……「朧村正」の為だけに買うというのはちょっともったいないかなーと。友人らは「MH3」で遊んでたようだけど、飽きが早そうだったし、買わなくて正解だったかな。「Gears of War」や「Bioshock」が面白かった。「Mass Effect」「Fallout3」をやってみたいと思うけど、なかなか値崩れしない……。そろそろPS3が息を吹き返しそうなので、そのうちPS3も買うのかなあ。「デモンズソウル」と「ロロナのアトリエ」はやってみたい。「FF14」は不安も大きいけどなんだかんだでやっぱり楽しみだなー。

とまあ、そんな感じで平凡に生きてます。病気が悪い状態から抜け出せば普通に物を飲み食いできるので、友人らと飲みにいったりできるのは不幸中の幸いと言ったところか。元気が一番。多くの先達が仰るとおり、身体は大事にしないとなあ、としみじみ思ったりもしております。
スポンサーサイト

ここの所忙しかったのもあり、暫くネットから離れておりました。携帯は持って行ってたけれど、携帯でネットを巡回やら何やらというのはどうにもする気になれず。桜は綺麗でした。個人的には白い桜が好きなのですけど、DSで発売されたwizみたいなアレの第二作のアレみたいな桜も好きです。今回はそれについてのお話。

----------------------------------------------------------------- +
とまあそういうことで、空いた時間に『世界中の迷宮2』をひたすらプレイしとりました。前作の評判の良さを聞いていたので試しに買ってみた訳ですが、噂に違わず面白い。とはいえ、ある意味ストーリィはオマケみたいな、キャラ育成ゲームに近いので、やっぱり人を選ぶかもしれない。主要メンバーは「パラディン」「ブシドー」「ドクトルマグス」「ガンナー」「アルケミスト」の五人。前作をプレイしていた人なら2を始めるにあたっても「この職業はこういう特徴があるから~」と構成考えるのも早そうだけど、前作やってないのでこの構成に至るまでにかなり時間が掛かってしまった。その上キャラの名前を新規で考えたため(wizやら何やらで以前に作ったキャラの名前を付ける場合もあるのだけど、今回は新規でと決めていた)、まともにゲームを始めるまでに二時間くらい掛かった。こういうこと考える度に「めんどくせー」と思うけども、それだけにキャラに愛着が湧いて結局後半楽しめるもんでついついやってしまう。そして今回もそのようになったのですけども、引退させることに躊躇してしまい、結局引退なしでクリアしたのでした。ゴリ押しの跳弾核熱ゲーでした。

ブシドーは居合い系で育ててたせいか、大物相手ではあまり活躍が見られず。鎧抜け強化してなかったんだよなあ。後で例のあれを覚えさせてみたら相当強くてしょんぼり。でも白刃取り&首討ちでバッタバッタと薙ぎ倒していく様は、想像していてとても素敵だったのでヨシ。三竜やらアレやらアレやらはとても倒せそうにないのですけど倒せるんですかアレ。なんとか辿り着いたけど瞬殺すぎて絶望した。なんすかあれ。とりあえず全員70到達したので引退させて再育成しよう、と思ったところでタイムオーバー。実はわたくしDSを持っておりませんで、友人が今はいらねーというから借りてたのですけど、突如必要になったので返せということなのでした。アレのあまりの強さにゲンナリしてた頃だったからすんなり返してしまったけど、今思えばもっと粘っておけばよかったな、と少々後悔している。居合いの髭ブシドーが引き連れてきた上段使いのブシドーのために買った妖刀は強く、火力の底上げに大きく貢献してくれたのだが、同時に金欠も引き起こした。ドロップ収集をこなし強烈な銃が発売されていたあの状態で、もしそれが買えていたのなら、もしかしたら三竜にもまともな勝負ができていたかもしれない。カースメーカーとダークハンターも徐々に育ってきていた。もう少し彼らを強化させ、戦術を練り直せば、あるいは勝てていたかもしれない。……DS買おうかなあ。どうしよう。でもDS買うのも今更なんだよなあ。PSPの無限回廊面白そうですよね。どうなんだろあれ。

----------------------------------------------------------------- +
そういえばちょっと前に知ったのだけど、アーサー・C・クラーク氏が亡くなっていたそうでとても驚いた。SFというジャンルに興味を持たせてくれた人の一人でした。「生きているうちに地球外生命体が存在する証拠を見たかった」ということだけど、一般人の自分ですら見てみたいそれを、氏がどれだけ(どういう思いがあって)見たかったのかを思うと、なんだか悲しくなってくる。いやはやまったく、世の中ままならねーですな。

「耳をすませば」、相変わらず見てるこっちも恥ずかしくなる作品でした。大好きですけどねこの作品。昔自分も図書室の本を結構借りまくってたけど、ああいったことには全然発展しませんでした。やはり鍵はバイオリンか。楽器弾ける人は格好いいもんなぁ。大太鼓とかシンバルとか叩けてもあんまり格好よくはないもんなぁ。しかも別に上手くもないし。カラオケでたまにマラカスとタンバリンで活躍できる程度か。電子ドラム欲しいけど高いのよ。

この作品を最初に観たのはいつだったろうか。1995年に上映されたらしいが、映画館で見た記憶はない。となればテレビで観た訳だから、それから数年後ということだろうか。結構な衝撃を受けた憶えがあるのだけど、今の子は一体どんな感想を持つのだろう。今や小学生でも携帯を持つ時代。ああいう微妙な距離感みたいなものにどんな思いを持つのだろう。とても気になる。ある程度は普遍的なものがあるだろうけど、突き詰めて問うていくと、結構な差があるんじゃないかなーなどと期待している。ジェネレーションギャップってそれと知って凹む場合も多いけど、それはそれとして面白い。どうなんだろうなあ。機会があれば訊いてみたいが機会がない。

次のジブリ映画は何やるのかな。「崖の上のポニョ」の話ではなくて、テレビでやるジブリ映画。「ぽんぽこ」辺りだろうか。そろそろ「ナウシカ」? 「もののけ」「千と千尋」辺りはあんまり……なのでやっても観ないかもしれないけど、とりあえずまたなんか放送して欲しいところ。そういえば宮崎駿さん、大分前に「引退する」みたいなことを言ってたと思ったけどどうなったんだろう。息子さんの件が響いているのだろうか。あの作品は観たことないから一度観てみたいとは思うのだけど、その評判は知っているし、それを観た知り合いも口を揃えて「……(一瞬の沈黙の後)まあ、観てもいいんじゃない」みたいな微妙な表現をするので優先順位低いのですよね。テレビでやったっけ? DVD借りてくるのも面倒なので、是非テレビで放送していただきたいものです。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 つれづれ。, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。