Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔から散々お世話になった方が亡くなられた。

最期の方では本当に痩せこけてしまって、だんだん弱っていく様子は正直見たくなかった。それでもあの人は耳も聞こえたし意識もはっきりしていたし、声は出なくても反応はできた。意識がなかったり、こちらの言っていることがわからなくなってしまっていたりしたら、「もういいか」と諦めることもできたのかもしれないが、意識が完全にある以上、体がいくら弱ってもあの人はあの人のままだった。だから、見舞いに行くことを止めることはできなかった。

葬儀には沢山の人が参列してくれていた。賑やかなところが好きだったあの人のことだから、きっと喜んでくれたことだろう。情に篤く涙もろい人だったから、喜びながら涙を流していたかもしれない。……きっとそうだろうなあ。

式の終わりに、あの人の弟さんが故人の遺した言葉を仰っていたが、言葉の発音の仕方、テンポなどが本当にそっくりで、不覚にも思い出し泣きしてしまった。

------------------------------------------------------------------- +

親しい人が死ぬのを肌で感じると、まったく悪いことをする気なんて起きなくなってしまう。猛烈な虚脱感に包まれる。結局誰でもああなるのだと、普段目を背けていることを突きつけられる。それはとても辛くて、悲しくて、それでもまたそれに目を背け、再び歩みだすしか道はない。

乗り越えるものだと思う。死は。自分の中で何らかの決着をつけて、忘れて、進んで、時には思い出して、悲しくなって、でも進む。苦しい道だ。他人でさえこの苦しさだ。肉親が死ぬことなんてとても考えられない。考えたくもない。家族の一人でも欠けて欲しくない。そう考えて、今が幸せなんだと気がついた。それに気づける幸福。死は色々なものを奪い、そして与えてもくれる。

自分が他人の死を悼むように、自分の死もまた誰かが悼んでくれるのだろうか。それは嬉しいことだが、しかしやはり悲しいことだ。少なくとも、自分は親を看取ってから死のうと、前から思っていたことを再確認した。できるだけ長生きしたいものだ。多くの人を看取って、誰も悲しむ人がいなくなってから死ぬ――理想だろう。悲しい、孤独な死だ。でも誰かがそれは請け負わなければならない役目だ。ならそういう嫌な役は、自分にやらせて欲しいとも思う。やりたくはないのだが、親類友達その他諸々、自分にとって大事な人間にそれをやらせたくはない。ならやるしかないだろう。

------------------------------------------------------------------- +

昨日も、今日も、そして明日も、屍の上を歩くのだ。


スポンサーサイト
テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

少し前に「毎日書くぞ」という決意の日記があったのだけれど、相変わらずのごたごたでもうそれどころじゃなかったのですよ。

ええと、色んなごたごたがあってもうよくわからないのだけれど、とりあえず一番の出来事は、おばあちゃんが亡くなったことです。六月二十九日、午前七時半。病院からの突然の電話に驚き、祖母の知り合いの方々に緊急の旨を伝えているうちに、息を引き取りました。最後は必ず家族みんなで看取ろう、と決めていたのに、結局は誰一人としてあの人を看取ることができなかったのです。

化粧を施してもらった祖母は本当に生きているかのようで、そして綺麗でした。化粧をしてくれた葬儀屋の人も「肌が本当に綺麗ですね」と驚いていた様子だった。

詳しく書くとまた泣きそうになるのでここではあまり書かないけれど、遺品が多いだけに、まだ生きているような、ちょっと遠いところへ旅行へ出かけただけのような、そんな気がしてなりません。

この件については、もう少し落ち着いてから――果たしてそれがいつになるかはわかりませんが――また書こうと思います。四十九日もまだあることだし、感情の整理がつかないと思いますので。


--------------------------------------------------------------------


さて、なんか敬語になったのは置いておいて、別の近況報告。

おばあちゃんが亡くなったその翌日、うちのpcがいきなり壊れた。ファンのエラーだかなんだかで、二十分くらいすると勝手にシャットダウンする素敵システム。なるほどパソコンいじってないでやることやれというのだな。時期が時期だけに祖母の力かと疑ってしまったり。

とりあえず眠っていたノートPCを引きずり出し、無理やりネットに接続させて今これを書いているが、なんとも使いづらくて仕方がない。修理に出すか……つーか新しいの買おうかなあ。ちゃんとしたやつ。今のPCじゃもう貧弱なんだよねえ。昔の仲間から「EQIIに来ないか」と誘われてもいるわけだし……まあがっつりやるほどの時間はないんだけどねえ。

FMOも課金はしたもののさっぱり手付かず。PvPまではいきたいとこだけど、そこまでが果てしねえ……orz

そんな感じ。

おばあちゃんは地元の癌センターに入院することに。緩和ケア科もあるでかい病院だ。まるでホテルと見紛う内装。どうせ入院するんだったらこっちで入院したかったなーと本気で思えるくらい綺麗で便利。最上階(十何階。正確なのは忘れた)には展望レストランもあり、食事も美味しい。凄いトコです。

さて件のおばあちゃんですが、やはり状態は悪いようで、下手すれば今週も危ういといった様子。そもそも三年前に乳癌の手術をしたのだけれど、その後一年生きたという時点でさえ、手術に関わった医者たちが驚いた、というほど悪かったらしい。手術時に使った薬を記録していなかった、という所からもそれはよくわかる。つまり「次はない」と思っていたのだろう。ある意味今生きているということも奇蹟じみているのかもしれない。ちょっと前までは普通に生活していたのだが。

現状としては、薬が効いているらしく、痛みはないもののよく眠っている。起きてもすぐ眠ってしまう。食事の最中でもうつらうつらしてしまうほどだ。それでも私たち家のことを細かに心配してくれているので、頭の中まではぼやけてはいないらしい。今のあのひとを見るのは心苦しいけれど、やはり見届けるのが家族の義務だし、それは絶対後悔しないものであると思う。自分たちだっていつああなってもおかしくはないのだし、父親母親がああなるのかもしれない。何が起こるのかわからないというのは自分の身を以てこれでもかというほど思い知らされた。

イメージトレーニングは、未だ進行中であり、未完了である。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 つれづれ。, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。