FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某所の「一口ちょーだいが嫌いなやつ」ってのを「あー俺も昔はすげー嫌だったなあ」などと思いながら読んでいたら、なんだか「ちょーだい肯定派」が少数派なんじゃないかと思えてきて、首を傾げながらコメント欄を見たら絶賛大議論中で笑った。こうしてみるとなかなか興味深い話題かもしれない。今度話のネタとして使ってみようかと思う。……ふと思ったが「話のタネ」なのか「話のネタ」なのか。「話のタネに○○へ行ってみた」と言う使い方もするが、「これは話のネタになるな」のようにも使う気がする。あれ? どっちが正しいのだろう。どっちも正しいのかな?

閑話休題として前述の「ちょーだい問題」でありますが、自分自身の立場としては「肯定派」であります。というか肯定派は多数派ですよね? ですよね? 確かに交友関係は比較的狭い私ではありますが、それなりに大勢の初対面の人と一緒に食事する機会も幾度となくあったし、その場でも肯定派が多数だったと思うのですけど。友達数人でランチに行ったとして、お互い違うの注文して「一口ちょーだい」ってのはお決まりのパターンだと思うし。実感としては肯定派が多数派として問題ないとは思います。……思います。ああ、男同士でキモいという意見はご勘弁ください。イケメンたちの優雅なランチとかじゃなくて申し訳ありません。

個人的には「ちょーだい」じゃなくて「よかったら一口くれる?」だったり「ちょっと交換しない?」みたいな、許可を求める形がほとんどだからちょっと違うのかもしれないけど。逆に「これ食べない?」と薦めることも多いし、薦めてから「じゃあ俺にもそれちょっとちょーだい」となることもある。そしてもちろんあげる側にも回ります。とは言え、露骨に「くれくれよこせ」という意思を見せられると「さすがの俺でもそれはひくわ」状態になる辺り、どうも結構、否定寄りの考えなのかもしれないけれど。というかこの場合は言う側の無遠慮さにカチンとくる訳ですが。婉曲な表現は大人の嗜みですよねー。

否定派の意見は主に「生理的に嫌」「自分の物は自分の物」「人の物をもらおうとすることは卑しい行為」といった所でしょうか。どれも納得できる理由です。もらう側はあくまでもらう側なんだから、厚かましくなっちゃだめですよね。

昔嫌だった頃の自分の意見は「汚い」だったかな。でも確かそれは小学生くらいまでの話。運動部だと回し飲みやら回し食いやら当たり前だったし。教育的に「卑しい行為」という理解もあったけれど、親しい間柄や親交を深める為の手段としては問題ない、という立場。今でも確かに無遠慮に「くれくれ」と言われたら「図々しい奴だなー」と思うけど、それは言ってきた当人が実際そうであるという話なだけで、「ちょーだいは卑しい行為だから否定派」ということにはならないと思う。そういやいたな、人の弁当を「それ美味そうじゃん」といってどんどん取ってく先輩。あれは「ちょーだい」じゃなくて「よこせ」だったけど。

なんで「ちょーだい」と言うか。自分の場合は相手のも美味しそうでどんな味がするのかな、と気になった場合ですが、図々しいかなあ。確かに自分が頼んでないのをもらう訳だからそうかもしれない。欲しければ自分で買えよってことだろうか。そりゃ自分が本当にそれが好きで全部自分で楽しみたいっていう場合ならわかるけど。自分の視点から考えれば、本当に好きな場合以外は別にあげたって構わないのだけど。もちろんくれなくたって構わない。何気ない会話の一端レベルだったんだけどなあ。「それちょーだい」「は? やだよ」「なんだよケチ」――よくある会話の流れですが、この場合の「ケチ」っていうのは定番文句であって意味を持ってない場合も多々あると思うのだけど、言葉を額面通り受け取る人が多いのかなぁ。いやもちろんここまで打ち明けた感じの会話をするにはある程度の親交が必要だと思うし、まだそれほど親しくない人に対してこれをやるのも問題だと思いますが。本気で「ケチ」だとか「くれたっていいだろ」とキレる人は批判されても仕方ないですね。

しっかしこの問題自体、本当に全然意識したことがなかった。あまりに当たり前にやっていたことだったので。この問題自体がどうでもいいといえばどうでもいいのだろうけど、嫌な人は相当に嫌なようで、普通にやってる側の人間としては(もちろんある程度仲の良い関係が前提)恐いくらい。断ってくれるならいいけど「昔断ってキレられたから断らない」という人もいるようで、まさか今までの中にも内心途轍もなく嫌がってた人がいたのでは、と少々心配にもなります。一応人を選んで振るようにはしてたけど。

読む限り「毎回くれくれ言ってくる奴がいてうぜー」とか「くれくれ言ってくるくせに俺がくれと言ったら馬鹿にされた」など、相手が人間的に悪いんじゃないかと思う点が多く、「ちょーだい」自体の問題よりも、そうした人間(他人との距離感を掴みきれていなかったり、過剰に自己中心的であったり等)が結構いる、という方が気になったりもしました。「嫌いな奴だっているんだからお前ら気を使え」みたいな意見もあったけど、これはどうなんだろうなあ。食事中に限ったって、俺だって色々気になる所はある。書くのも憚れる細かいレベルのもあるし、「食えない分まで注文するな」とか結構いっぱいあるんですが、でもそういうのを強要したら一緒に食事なんてできないだろうし、まあ仕方ないよな、となる訳です。もちろん自分がそういうことしないよう気を使ってはいますが。「ちょーだい」って言われてあげるのが嫌なら断るだけだし、選択する余地があるだけよっぽどマシだと思うのですけど、そもそも言わなきゃいいっていうのもわかるしなあ。でも普通の会話だと思うんだけど、そこがそもそもおかしいのかなあ。「人に物をねだるなんて卑しい」というのはよくわかる。それを本気で言う人がいるなら是非お近づきになりたい。本気で。人に要求するならまず自分ができていないといけない訳で、こんな末端、些事にまで口を出して「卑しい」と人を卑下するその人はさぞや聖人君子であることでしょう。

----------------------------------------------------------------- +
「うわー間接キスだー」とドキドキすることもなく「うわ他人の唾液ついちゃったよきたねー」と思う時代も来るのでしょうか。一緒に食事することがあっても「会話が弾んで楽しいなー」ではなく「お前喋んなよ唾飛ぶだろ」とか。うへえ、なんか嫌だなあ。好きな子のリコーダー舐めるのはさすがの俺でもそれは引くのでなくなってもいいとは思います。でも実際いるから困らない。

「ちょーだい」と言われても特に感慨のないわたくしですが、シャープペンに付いてる小さい消しゴムを使われると結構ピキピキきます。あれは「(消しゴムの部分)使うよ」と事前に言われたら貸すのをちょっと躊躇うくらい。さすがにこれはケチいと思ってます。が、直りません。真新しい消しゴム貸して帰ってきたら角取れてたりね。文房具になんかトラウマでもあるんだろうか。

----------------------------------------------------------------- +
あそこの※欄は安価つけたりもできないし、感情論と極論がループするばかりで侃々諤々などとはとても言えない、喧々囂々、ただ自分の意見しか認めないぜお前らきめぇみたいな文章が列挙されるばかりでもったいない。2ちゃんでやればまだましな議論になったろうに。しかしあそこに限らず、最近はネットを使用してる人の平均年齢は下がってるんだろうなーと思わされる文章が多く見られる気がする。いや自分自身もまだまだ若輩者ではあるのですが。学校のいじめにネットが使用されるとかいう事件も増えてきてるようだし、やっぱりネットに年齢制限つけるべきなんじゃないかなーとか思ってしまう。もっとメディアリテラシーを育てることもやっぱり必要ではあるだろうけど、それだけじゃどうしようもないほどの情報量がネットにはある。ハマっちゃうとまともな奴になれないのは自分自身が証拠。携帯も、親が持たせないとそれはそれでいじめの的になるかもしれないし、やっぱり規制しちゃうのが一番楽かなあ、とか。思考停止ではあるのですが。ネットの危険性はもっともっと啓蒙されて然るべき。石橋を叩いて壊して自分で石橋作るくらいじゃないと。
スポンサーサイト

ちょっと前に月の映像で感動してたら、今度は「地球の出」「地球の入り」ですって。
http://www.jaxa.jp/press/2007/11/20071113_kaguya_j.html

ハイビジョンは当たり前だけど史上初とのことで、何でもそうですが、日本が史上初のことを成し遂げてくれると嬉しいですね。こういう文脈だと曲解されそうだけど、某国の「嫦娥1号」はどんな情報を齎してくれるのか、楽しみであります。http://www.nikaidou.com/2007/08/post_435.html

灰色と黒しかないような景色の中、地球の色彩の鮮やかなこと。「ツァラトゥストラはかく語りき」でも流したくなる光景だけど、ああいう演出も音楽もなしでこうして見ると、やっぱり宇宙って何もないんだなあと思わされる。宇宙恐いよ宇宙。

「あそこに俺がいるんだなあ」とはなかなか思えないですけど、実際いるんでしょうね。というかいるんですよねみんな。実感湧かないですわ。なんかこう、ガシっと握ってぽーんと投げれちゃいそうだとか、見た目的に触り心地はすべすべしてそうだなあとか、益体のないことしか思い浮かびませんが、でかいテレビで高画質版のこれを見たら、実際のその光景ほどとは行かないだろうけど、かなりの衝撃を受けるんだろうなあ。

----------------------------------------------------------------- +
宇宙も寒いけど(寒いっていうかほぼ絶対零度)、最近めっきり寒くなりまして、PCつけっぱでも部屋が寒いです。でも暖房の暖かさって最初はいいけど慣れてくると気持ちの悪い暖かさというか、気に入らないんですよね。まあそんな訳で着込みながらタイピングしてる訳ですが、そのうちもっと寒くなるんだろうなあ。さすがに部屋の中で手袋って訳にもいかないし、また水より冷たい指になるのでしょう。あかぎれが起きないことを祈るばかりであります。

結局映画館には行かず。とはいえ外は外で雨が酷かったから、もし朝に起きれていたとしても恐らく億劫がっていたことだろう、映画館へ行ったかどうかはわからない、だがその選択すら与えられなかったことが憎らしい。自分のせいなんですけどね寝たの朝だし。一旦リズム狂うとこれですよ。あーあ。

----------------------------------------------------------------- +
著作権フリーになった本は「青空文庫」とかで読める訳ですけど、やっぱり本は本として読まないとあんまり読む気にならんですよね。「未来はこうなる」的な番組でよくやる電子ペーパーも結局はPCと原理は同じだろうけど、ディスプレイに向かって目を凝らすのとは違って、多少なりとも本っぽい形で読めそうなので早く本格的に普及しないかなーと前々から思っているのですがなかなか難しいようで。自分は新聞取ってないのですけど、その理由は「ゴミ出しがめんどいから」なので、電子書籍的に配信されたらたぶんいくつか購読すると思うんです。新聞紙は色々と使えるのはわかるんだけどやっぱり確定でゴミになるのは面倒だし、たまに折込広告も欲しくなるけれど必須という訳でもないし。電子ペーパーまだー。

----------------------------------------------------------------- +
そういや例の神ゲー「オプーナ」ですが発売日初日売り上げは約2500本、初週の売り上げはなんと約3000本という話でしたね。すげえやオプーナ! 「まずは50万本」とのことでしたので後49万7000本。こりゃあと少しだな。

PS2との互換性のない新型PS3は思いの外好調に売れてるようですが、360にすら負けるという事態を打破できるのでしょうか。個人的には360よりPS3が頑張ってくれた方が嬉しいけど、正直どうだろうなあ。ハード自体の性能ではPS3だから買おうかなあとも思うのだけどソフトがどう足掻いても絶望。というか振動するコントローラも高すぎるし、なんというか、本来の意味とは違うけれど久々に「物売るってレベルじゃねーぞ」と言いたくなります。彼は今この状況をどう考えているのだろう。非常に興味深いところです。

----------------------------------------------------------------- +
というかそんな話を書こうとしていたのではなくて、ちょっとした事件的な何かを日記として記録しておこうとしてキーボードを打ち始めたのですがここまで来て「あれ俺何書こうとしてたんだっけ」となっておりましてあれ俺何書きたかったんだっけ。あれ? まあいいか。とりあえず「Tabula Rasa」まだーとでも言って閉めておきましょう。タイムスタンプ的にはもう月曜日。あー。

「かぐや」というネーミングを初めて聞いた時、色んな意味でとても感動したのですが、かぐやが撮った月面の映像が公開されてました。
http://www.jaxa.jp/press/2007/11/20071107_kaguya_j.html

「アポロ計画以降最大の月探査計画」と言われているこの計画ですが、そういえば月面映像ってアポロ計画のそれでしか見たことがないような? 一般向けの映像ですらあれだけ鮮明なのだから、元の映像はどれだけ凄いのだろう、とちょっとわくわくしてしまう。でも暗いところが本当に真っ暗闇で何もなく、この空間に一人投げ出されることがあったらどうなるのだろうと想像すると、胃やら腸やらがキリキリしてくる。宇宙恐いよ宇宙。

宇宙って不思議というか、理解を超えてるというか、未知の領域な訳で、そういう分野が開拓されていくのは自分が関わっていないとはいえ非常にわくわくします。天体に関しての知識はほとんどないけど、漠然と「宇宙ってすげー」というか。死ぬ前にいつか宇宙旅行できたらいいなあ。

昔、このサイトを見てとても感動したけれど。
http://jvsc.jst.go.jp/universe/planet/data/main/index.html

自分で地球だったり他の天体だったりを見たらどれだけの衝撃があるのだろう。宇宙飛行士は宇宙から見た地球の美しさに神の存在を理解するというけれど、どれだけ綺麗なんだろうなあ。満月の75-80倍の明るさで、真っ暗闇の中輝く青い星。写真では見たことがあるけれど、実際見たら全く違った衝撃を受けると思う。宇宙についての知識に乏しい自分はすぐに「宇宙規模で見れば人間社会なんてちっぽけな~」のように自分のレベルに物を落として考えてしまうけれど、人の想像力を超えるくらい広大な宇宙、思索に耽ればいくら時間があっても足りない。

ヤバイ。宇宙ヤバイ。

           / ̄\
          |     |  
            \_/
            |
         /  ̄  ̄ \    
       /  \ /  \    皆興味を持ってくれたようだな。
      /   ⌒   ⌒   \   オプーナを買う権利をやる。面白いぞ。
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /  
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

----------------------------------------------------------------
いやオプーナAA気に入っちゃったもんで。初日売り上げはきいたところによると2500本! 100万本なんてもうすぐですね! 

----------------------------------------------------------------- +
「ALWAYS 続三丁目の夕日」を観に行くはずだったのですが土曜日曜と用事ができて結局見れず、映画館行く前にして既に涙目。傷心で帰宅し「作っておいたカレーでも食べよう……」としたらカレーが腐っててもっと涙目。油断大敵とはまさにこのこと。

まあ来週の土日のどっちかにでも観に行こうと思ってます。また今回みたいに潰れかねないけど。

----------------------------------------------------------------- +
しっかし最近日本の政治はごたごたしてますね。今日も小沢さんが大きく動いたし。あまり政治には詳しくないけどいやーな気配ですよね。そろそろ世界的になんか起きそう。

     |┃三        / ̄\
     |┃         |     |
     |┃          \_/
 ガラッ. |┃            |
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \    
     |┃三    /  ::\:::/:::: \
     |┃     /  <●>::::::<●>  \ オプーナを知らないだと!?
     |┃     |    (__人__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    / 
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
------------------------------------------------------
                三 |┃┃
            三    |┃┃
                  |┃┃
             ∧∧ ..|┃┃
          三 (  ;). |┃┃ ピシャッ!
            /   ⊃.|┃┃
--------------------------------------------------
ゲーム内容は全然知らないけど最近やたらと色んなところでAAをよく見るオプーナですがwii持ってる人は買うのが義務らしいので買っときましょうわたくしはwiiもってたとしても買いませんけど絶対買いませんけどまあ100万本余裕らしいので問題ないですよね。

そんなことより360ですよ360。OBLIVION出た辺りから本格的に「こりゃ360買っても損しないかもしれん」と思い出し、塊魂が発売されたことによって普通に欲しくなってしまった。本体買ってちょっとでもやりたいと思えるゲーム五本もあれば後のことも考えて損はしないと思うのでいっそ買ってしまおうかと思うのだけど、やりはじめたらやりはじめたであんまり触らなくなりそうなので買い控えている。楽しみにしていたものほど手に入れたら満足しがちなのですよね。でも塊魂やりたいよ塊魂。Civも出るし損はしなそうなんだよなあ。AC6も(ゲームとしてどうかはともかく)すげーすげー。なんか新しくセットで出るみたいだし……ううん。

しかし現状だとほんと負けハードなPS3、大丈夫なんでしょうかね。起死回生と期待されていたMH3はカプコンに見事裏切られwiiで発売されるようだし。某あいしーてーるおーのゲームは多少作業ゲー耐性がある自分としては遊べそうかなと思うけれど一般受けはしないでしょう。オタク層呼び込みのためのあのシステムもPS2で発売された某続編ゲームに完敗したようだし。よく見てる人がやってたので作業中などに音だけ聴いてたりしてたけど音楽よかったのでサントラ買っちゃおうかなと思った。ららららんらんらーん。ふーふーふふーふーふー。

------------------------------------------------
「Hellgate:London」ってのが面白そうだ、という話を知り合いから聞いて調べてみたのだけど、なるほどこれはちょっと期待してしまう出来。まだ実際に触ってないからわからないけれど、今後の基準的なゲームになるかもしれない。他にも何か面白そうなものがあったと思うのだけど忘れてしまった。最近物忘れが酷くて困る。こんなんばっかだなあ。

------------------------------------------------
さて「Always-三丁目の夕日」でまた大号泣してしまったわけですが。つまんねー映画だとか話がお約束すぎるだとか感動の大安売りとか色々批判的な意見も多くあろうかと思いますが、わたくしは大好きです。涙脆いのです。というかなんにせよ感情が昂ぶるとすぐ泣いてしまうのですよね。笑い泣きなんて酷くてなんか病気かと思うほど。ほんとに病気?

そんな映画の続編がやるそうですが、きっと駄作になっていることでしょうだがしかし。今日こんなものを見せられて見に行かないわけがない。ということで明日観に行ってきます。元々の予定もあるから行けないかもしれないけど……。最初っから駄作だと思ってみればきっといくらかマシな感想が持てるはず。なんとかの夏? そんなのなかった。

------------------------------------------------
そういえばCiv4の拡張パックBtSの発売日が決まったそうでwktkですよ。またタイムスリップしそうだけど楽しみにしてます。相手AIの卑怯な部分が若干なくなって思考が強化され、結果として強くなったと評判ですが、はてさて。Civ4の後半戦すらサクサク動くPCが欲しいなあ……。

プレイレポ? そんなのなかった。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 つれづれ。, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。