FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道端に落ちている落ち葉を踏もうと、落ち葉に沿って歩いていたら前方不注意でトラックに轢かれそうになった。吐く息が白かったので、はーはー吐いて遊んでたら酸欠だか過呼吸だかでふらふら状態になった。木の枝に一枚だけ残っていた葉を見つけ「あれが落ちたとき俺も死ぬんだ……」などと定番の台詞を頭の中に思い浮かべていたら速攻落ちた。住んでいるところのすぐ近くで割と綺麗に双子座流星群が見れそうだったので、道端に寝転がって空を見ていたら通りすがった近所の人にかなり冷たい目で見られた。メガたまごを買って家に戻り、ちょっとわくわくしながらそれが入っている箱を紙袋から取り出そうとしたら持った場所が悪かったらしく中身を紙袋の中に派手にぶちまけた。毎日夜が寒いので、布団を着込むようにしてずるずる引き摺っていたらコップと皿を布団に引っ掛けてしまい派手に割れた。

他にも細かいことが数件。いい加減もっとちゃんとした人間にならないといけない。
スポンサーサイト

ミクも一過性ですぐ消えるだろうと思ってたけど未だに根強い人気、というか凄い人気なようで、ここまで広がると予想できた人は少ないんじゃなかろうか。ロイツマ歌ってた頃くらいしか知らなかったけれど、最近のミクは凄いもんですね。「OverDrive」とか「くじら12号」とか聴いてびっくりですよ。「電気の恋人」「キミは何テラバイト?」はミクが歌ってるってことが非常に感慨深い。十年後の世界は本当、どうなってるんだろうなあ。自分自身はこの50年くらいしか生きれないのだろうけど、その先、人類が行き着く先は是非見てみたい。次生まれ変わった時はもっと進んだ時代に生まれるといいなーとか、輪廻転生みたいなことも思うけれど、実際そんなのわからないし、少なくとも今の自分に前世の記憶なんてない。今自分が生きてることを輪廻から離れて見ると、とても不思議な気持ちになるし(同時にこんなことしてていいのかな、という嫌悪感も出てくるけれど)、それをこうして文字に起こせるというのも感動的でさえある。ほんと生き物ってなんなんですかね。理系と文系早く融合してくれればいいのに。

未来の世界はとても見てみたいけど、人間はどんどん新しい技術を開発するし、思想的にも複雑化していくし、隕石だとか宇宙人襲来だとか、そういった外的要因がない限りはこの百年で潰れるほどヤワじゃないだろう。技術が進歩すればするほど、より進歩するために掛かる時間は減る訳だろうし。SF的にも色々考える余地はたくさんあるし、またそうした想像をしている間はとても楽しいけれど、それが形として現実に存在するようになる所は結局見られない。それがとても口惜しいし、いっそ俺が死ぬ前に世界もぶっ壊れればいいのにとか考えてしまいますけども、まあ平穏無事に時間が進んでいくことが一番大事なのはわかってますし、諦めているところです。願わくは、誰かがそんな自棄で世界をぶっ壊したりしないことを。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 つれづれ。, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。