FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレーを食べ過ぎて胸焼けがする(´・ω・`)

潰瘍性大腸炎は食事制限がないから本当に助かる。大食らいではないが、食の楽しみは大きいと思うからだ。クローン病などで長い間食事制限がされていた人は、どれだけ美味な食べ物を目の前にしても「おいしそう」とは思わないという。しかしその域に至るまでは大きな苦しみがあるだろう。短期の絶食でさえかなり苦しかった。テレビで見る料理はどれもおいしそうだったし、病院食を食べていた隣のベッドの人がとても羨ましかったのを覚えている。

難病とはいえ、緩解している間はまったくの常人と言える。入院中一番食べたかったものはカレーだった。今や胸焼けがするほどカレーを食べられる。カレーだけじゃない、カツだって天丼だってステーキだって食べられる。

絶食を経験したことがない人は、機会があったあら一度絶食してみるといいかもしれない。普段食べているものがどれだけ美味しいかがよくわかるし、また、好きに食べられるという状態、それ自体に感謝できるようになると思う。……絶食中は、辛いと思うけど。
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 つれづれ。, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。