上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元々バカ耳なもんで、音の良し悪しとか語るにはかなり役者不足なこともあり、少々前からは音の良さとかそういうのではなく(もちろんそれは大事だけれど)、どうすれば音が楽しめるか、というような方向にスイッチしておりました。E2Cを買ったもののどうにも満足できず、次はE4CかER-4S、余裕ができればE5Cもいいかなーとまで考えていたりするところ。家の中にはきちんとしたオーディオ機器はなく、音楽を聴くのは大抵PC経由、イヤホンは外出時のDAP用であることも手伝ってか、このカナル型のイヤホンが大のお気に入りのようです。

耳の穴が小さいのか、一番小さいイヤーピースでもちょっと痛かったりするけど、遮音性はいいし音漏れは少ないし、なかなかいいですぜ。SONYのカナル型は音漏れが酷いけどSHUREのはとてもいい。テレビ等を消してほとんど無音の部屋の中で友達とテストしてみた所、自分ではかなりの音量で聴いているのに相手にはまったく聴こえない、という結果も出ました。お試しあれ。

で。一応安物の開放型のヘッドホンも持っているのだけど、長時間聴いてると頭が痛くなったりするため、家の中ではもっぱらスピーカー(高価なものではなく昔に一万程度で買った物)で聴いております。こっちの方も色々いじりたいな、とは思ってるんですが、あんまり大きな音を出すのも近所迷惑だろうし、スピーカー等に手を出したら本当にお金がすっ飛んでいきそうなので敬遠しております。今でも結構やりくりしてるのにさすがにマズイ。サウンドカードは友人から一万くらいのを2000円だかで譲ってもらえたのでそれを使ってます。オンボードから変えた訳ですが、これが結構変わってびっくり。

なんでこんな話をしたかというと、音の楽しみ方がいつの間にかにまたちょっと変わってきて、音自体というより、音の感触というか、耳に響く感じ、触覚的な楽しみ方に変わってきたということに驚きまして、ふと書き始めた訳です。最初は三行で纏めるつもりでした。もうすぐ千字行きますね。駄文ほど文字数が増える法則。

結構大きな音で聴くのが好きなもんで、カナル型だと耳への負担が大きそうだなーと結構怖かったり。目が見えなくなることに比べれば全然構わないと思うけど、耳が聞こえなくなったらもちろんとっても大変だということは祖母のことでよくわかっているし、うーん。でも、脳に電極を差してデータを送る、みたいな方法で結構聴こえるようにはなるようだけど、同じような方法で視覚を得ることは難しいようだし、だったらまだ耳の方が……ってまあどっちも嫌ですが。健康一番です。何の話だ。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


7/24のブログに着画載せました~★ハート型と一緒に購入したのですが、コチラはとても落ち着いたデザインです。主張しすぎないオシャレを楽しめそうなデザインで、ハートとはまた違った感じで気に入りました。音はまだ聞いていないのですが、ハート型の方は低音が余り響かな イヤホンの日【2007/07/27 11:23】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 つれづれ。, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。