FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「かぐや」というネーミングを初めて聞いた時、色んな意味でとても感動したのですが、かぐやが撮った月面の映像が公開されてました。
http://www.jaxa.jp/press/2007/11/20071107_kaguya_j.html

「アポロ計画以降最大の月探査計画」と言われているこの計画ですが、そういえば月面映像ってアポロ計画のそれでしか見たことがないような? 一般向けの映像ですらあれだけ鮮明なのだから、元の映像はどれだけ凄いのだろう、とちょっとわくわくしてしまう。でも暗いところが本当に真っ暗闇で何もなく、この空間に一人投げ出されることがあったらどうなるのだろうと想像すると、胃やら腸やらがキリキリしてくる。宇宙恐いよ宇宙。

宇宙って不思議というか、理解を超えてるというか、未知の領域な訳で、そういう分野が開拓されていくのは自分が関わっていないとはいえ非常にわくわくします。天体に関しての知識はほとんどないけど、漠然と「宇宙ってすげー」というか。死ぬ前にいつか宇宙旅行できたらいいなあ。

昔、このサイトを見てとても感動したけれど。
http://jvsc.jst.go.jp/universe/planet/data/main/index.html

自分で地球だったり他の天体だったりを見たらどれだけの衝撃があるのだろう。宇宙飛行士は宇宙から見た地球の美しさに神の存在を理解するというけれど、どれだけ綺麗なんだろうなあ。満月の75-80倍の明るさで、真っ暗闇の中輝く青い星。写真では見たことがあるけれど、実際見たら全く違った衝撃を受けると思う。宇宙についての知識に乏しい自分はすぐに「宇宙規模で見れば人間社会なんてちっぽけな~」のように自分のレベルに物を落として考えてしまうけれど、人の想像力を超えるくらい広大な宇宙、思索に耽ればいくら時間があっても足りない。

ヤバイ。宇宙ヤバイ。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 つれづれ。, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。