FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年、観ようか観まいか、必ず悩むものがある。「火垂るの墓」だ。

何故悩むのかというと、必ず泣いてしまうから。ただでさえ涙もろいというのに、これはもう反則的なまでに泣くしかない。一度観て結末を知っているだけに、元気な頃のせっちゃんの声姿、見て聴くだけでもう泣けてくる。サクマドロップ出てくるとひとたまりもない。この作品、ひとりで観ると、泣きっぱなしになってしまって、観終わったあとの疲労感、倦怠感、虚脱感と言ったらない。

演出があざといとか、せっちゃん殺したのは清太だとか、その他色々批判もあるだろうけど、ここまで感情を揺さぶってくれるのだ、それだけで充分意義があると思うし――つーかもういいじゃん内容批判なんてさ。あの映画はエンターテイメントだよ。「悲しい」と、「辛い」と、「苦しい」と、そう思うことに意味がある作品だよ。反戦映画なんかじゃない。せっちゃんかわいい、清太意地張りすぎ、見通し甘いよ、でも頑張ってるよね、そういう風に素直に見ればいいんだ。ああ悲しいな、切ないな、そう思えるだけで充分価値があることだよ。

去年は観なかったけど今年はしっかり全部見た。もうぼろぼろ。ほんとに。疲れた。

叔母さんも悪くはないんだよね。あれがあの頃の普通だったんだろうと思うよ。清太も「まだ大丈夫」と思ってたんだよね。自分が大丈夫だったし。お父さんがまだいるし、って思ってたんだろうよ。せっちゃん調子悪くなってからというものの、更に頑張ってたけど、でも、せっちゃん寂しかったと思うよ。ひとりで遊んでるのは、淋しいと思うよ。でも、良いお兄ちゃんだったと思うよ。ああもう書いてて泣けてくるよもう!

自分に子供が出来たら絶対にみせてやる。トラウマになるかもしれないけど、絶対みせてやる。こんな悲しい思いができるんだ、なんと素晴らしいことか。忘れたっていい。でも片隅に残っていれば、悲しみの器が大きくなって、きっと優しい人になってくれる。精一杯泣いてくれ!

もし子供が出来たとして、せっちゃんか清太くらいの年になっていて、それでまたこれを観たら……もう大変なことになるだろうな。風呂場で一時間泣けるよきっと。次の日酷い顔だよ絶対。

あーもう今でも大変だよ。風呂入って気持ち入れ替えてこよう。


※そういえばせっちゃんの声の人、当時五歳だったらしい。素晴らしいなあ。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 つれづれ。, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。