FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以下、「狂う」という言葉を「熱中」の上位語として使用する。

文章で食っていくためには、書くことに狂えなきゃダメだと思っている。自分の中に、たとえどんなに対象が小さかろうとも、それに向かって発信したいと思える「何か」がなければダメだし、そしてその思いは強烈でなければならない。世の中にある他の考えを塗り潰すほどに。だからつまり、狂えなければダメなのだ。

もしくはただ「書くことが好き」という理由で狂えなければならない。字を書いていると落ち着く、とか、自分で創り上げた物語に尋常でない愛着が持てる、とか。なんにしても、一般人の思考からは少々外れたところで創作活動をしなければ、食ってはいけない。氾濫する思考から原理を抽出、そして執筆という作業に入るのだろうが、もし普通の思考の場で執筆しようとするならば、純粋化された原理は不純物が混ざり、破綻し、筆は折れるだろう。これは執筆だけでなく、あまねく創作活動に言えることだと思う。

昔は多少、狂えた。とても拙く、自慰的なものにしか過ぎなかったが、それでも狂えた。幸せだったろう。楽しかったと思う。でも見聞を広めることで、理想は消えた。悲しいね。それでも文章で食べていけているひとたちは、今だ理想を持って生きているのだろうし、尊敬する。凄いと思う。

なんにでもいいから、なんらかのことに狂えている人間は、死から遠い。生きていけると思う。だから多くの人間がもっと楽な気持ちで様々なことに狂えるようにすることが、やっぱり大事なのだと思う。遊ぶことに狂うもよし、しゃべることに狂うもよし、人間関係の複雑さを楽しむことに狂う事だってまたよしだ。楽しめる要素は、俯瞰してみると、いろいろとあるものだよ?

自殺した後輩の四回忌。こうした言葉の欠片でもいいから届いていてくれれば、また違った今もあったのかもしれないと思うと、まったく世の中、気が抜けないな、と思う。誰もが劇薬なのだ。簡単に人なんか殺せる。でもそれだけに効果もある。常に意識しておきたい。他人の人生、どんな風にもいじくれてしまうこと。そう思うとやはり、気が抜けない。

しかし考えてみると、何物にも狂えていない今の自分は多少死に近いということか。まあ持病もあるし近いといえば近いが……まだ死にたくないな。世の中とんでもないスピードで進歩してるし。

少なくとも宇宙に行くまでは死ねんよ!
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 つれづれ。, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。