FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔から散々お世話になった方が亡くなられた。

最期の方では本当に痩せこけてしまって、だんだん弱っていく様子は正直見たくなかった。それでもあの人は耳も聞こえたし意識もはっきりしていたし、声は出なくても反応はできた。意識がなかったり、こちらの言っていることがわからなくなってしまっていたりしたら、「もういいか」と諦めることもできたのかもしれないが、意識が完全にある以上、体がいくら弱ってもあの人はあの人のままだった。だから、見舞いに行くことを止めることはできなかった。

葬儀には沢山の人が参列してくれていた。賑やかなところが好きだったあの人のことだから、きっと喜んでくれたことだろう。情に篤く涙もろい人だったから、喜びながら涙を流していたかもしれない。……きっとそうだろうなあ。

式の終わりに、あの人の弟さんが故人の遺した言葉を仰っていたが、言葉の発音の仕方、テンポなどが本当にそっくりで、不覚にも思い出し泣きしてしまった。

------------------------------------------------------------------- +

親しい人が死ぬのを肌で感じると、まったく悪いことをする気なんて起きなくなってしまう。猛烈な虚脱感に包まれる。結局誰でもああなるのだと、普段目を背けていることを突きつけられる。それはとても辛くて、悲しくて、それでもまたそれに目を背け、再び歩みだすしか道はない。

乗り越えるものだと思う。死は。自分の中で何らかの決着をつけて、忘れて、進んで、時には思い出して、悲しくなって、でも進む。苦しい道だ。他人でさえこの苦しさだ。肉親が死ぬことなんてとても考えられない。考えたくもない。家族の一人でも欠けて欲しくない。そう考えて、今が幸せなんだと気がついた。それに気づける幸福。死は色々なものを奪い、そして与えてもくれる。

自分が他人の死を悼むように、自分の死もまた誰かが悼んでくれるのだろうか。それは嬉しいことだが、しかしやはり悲しいことだ。少なくとも、自分は親を看取ってから死のうと、前から思っていたことを再確認した。できるだけ長生きしたいものだ。多くの人を看取って、誰も悲しむ人がいなくなってから死ぬ――理想だろう。悲しい、孤独な死だ。でも誰かがそれは請け負わなければならない役目だ。ならそういう嫌な役は、自分にやらせて欲しいとも思う。やりたくはないのだが、親類友達その他諸々、自分にとって大事な人間にそれをやらせたくはない。ならやるしかないだろう。

------------------------------------------------------------------- +

昨日も、今日も、そして明日も、屍の上を歩くのだ。


スポンサーサイト
テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 つれづれ。, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。