FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやはや、また風邪をひいた。鼻水が酷い。その影響か耳が常に詰まっている感じがする。喉も痛い。微熱に弱いという体質からか、とても体がだるい。頭痛がする。でも休んでなどいられない。仕方のないことなのだけれど、でもやっぱり優しくないよなあ。でも熱もそんなにないし、気合いでどうにかなっちゃうんだから休むまでもない、といえばそうでもある。結論を先送りにしている時点で、もう結果は見えているのだねえ。

------------------------------------------------------------------- +

さて、クリスマスも終わりを迎えた訳だけども、クリスマスから年末年始の時期は実にテレビ番組がつまらない。いや、普段もつまらないのだけど、特番が多くなると必然的に番組数自体は減っていって、色々な種類の番組が観られなくなるのが余計につまらなく感じさせる。特に最近はお笑い芸人が鼻についてきて(面白い人なら一向に構わないのだけど)テレビ自体がつまんなくなってきていたのに、特番なんてやられたらお笑い芸人のオンパレード、玉石混淆で観てるだけでストレスが溜まってしまう。喋りが面白ければほんといいのだけど。品川庄司とかは好きだなー、まあミラクルタイプの影響が大きそうだ。でも今年のM-1での彼ら、面白かったと思う。あんまり評価高くなかったけど。

そんなつまらない年末年始の番組群の中で、毎年「これだけは!」と必ず観ているものがある。『クリスマスの約束』だ。ちなみにこれ、小田さんがやり始めた最初の年からずっと観ている。小田さんの声はとても綺麗で力強くて、歌の持つ力を精一杯発揮させている感じがして、見るたびに泣きそうになる――というかまあ、泣いてるんだけど(笑。「まっ白」「ラブストーリーは突然に」という、定番のこの流れの時点で、もう感動で泣けてくる。歌は凡百の言葉に勝るというのを実感。

今回の『クリスマスの約束』はツアーの一部を流用、というかそのまま流すようで、他の人の曲のカヴァーは少なかったけども、あの人が歌う様子や声は、それだけで元気が出るし、色々と考えさせられもする。「生まれくる子どもたちのために」「たしかなこと」「言葉にできない」――この辺は本当に揺さぶられる。毎年思うのだけど、この人のコンサート、行きたいなあ。絶対楽しい。絶対嬉しい。あの優しい時間を共有したい。あそこは一種、幻想郷だ。

だというのに、今年はその幻想郷を破壊する人間が現れた――観た人ならわかるだろう、あいつだ。大嫌いな喋り方と振る舞いをする、ある種自分の対極にいるだろう人物(しかしこれは同族嫌悪という気もする。自分も意識しなければああなっている可能性もかなりある。それが余計に腹立たしい)……わざわざ隠す必要もないけれど、それでも一応ぼやかして、歌の下手な何某という歌手という表現にする。小田さんが何を考えて彼を呼んだのかは全くわからないが、最初彼がゲストだと聞いたときは「ぅえええええー!?」と叫んでしまった。一瞬で色々な思いが頭をよぎったが、一番思ったのは「この場に相応しくないだろう」というものだった。

案の定彼が出てきてから空気が一変する。彼が喋るたびに幻想郷は崩れ、臭い立つ日常が表れ始めた。彼も「何故自分が呼ばれたかわからない」と言っていたが、同じ疑問を抱いていた自分の中で、その疑問は最早怒りの態を成してきていた。「なんでこんなのが」と。けれど小田さんが一言喋るたびに剥がれ落ちた部分が修復されていくような感じで、歌い出す頃には結局いつもの幻想があったのだけど。

「なんだ歌唄えるじゃないか」というのが正直な感想だった。小田さんが別のパートを唄いだした時には「大丈夫かN井ー!!」と本当に心配したけれど、高音が多少掠れただけで、きちんと唄えていた。そりゃそうだ、実際何百回と唄ったはずなのだ、本来なら唄えて当然。でも彼ならまさか――と思わせた。「心を込めて唄えばそれは通じる」とは小田さんの言葉。なるほど確かに普段の彼からはなかなか想像のできない頑張りだったと思う。ああいう真摯で直情的な彼なら許容できるけども……とにかくあの場にいた彼は素直で良かった。その後金スマでのいつもの彼を観て、「ああやっぱり合わないや」と再確認した訳だけど。

なんにせよ、今年もやはりいいものでした。是非来年は従来の『クリスマスの約束』をやって欲しいけど、そうでなくても絶対にやって欲しい。毎年「今年はやるんだろうか……」と不安になる。小田さんも失礼ながら言わせてもらうが、やはり歳だし、体力的体調的にもやれない可能性も充分にあるのだ。だから毎年心配する。心配しながら、楽しみにする。年末のテレビのつまらなさは、この番組だけでチャラになるのだから。

------------------------------------------------------------------- +

歌は剣よりも強し。


スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記




また風邪か~。
おいらと同じで風邪ひきやすいのね。
喉いたい(´・ω・`)ショボーン

音楽はいい・・・・・・
特にゲームの戦闘曲はいい・・・・・・
血が騒ぐZE!!
と関係ないことを言ってみる。

体大事に!!
今年は暖冬って言ってたのに撤回されたし。
体冷やさないように気をつけましょう。
【2005/12/26 01:46】 URL | あびと #HWvEV5gE[ 編集]
題名最初おしょうさんって読んだあたしは負け組み。
あたしもみたなーそれ。
N案外歌えるじゃん!てやっぱ思ったね!

あたしゃ咳が収まらないさー
あびとさんも風邪って・・・
なにこのFCの病弱さ。
【2005/12/27 18:04】 URL | こらる #VGbqi986[ 編集]
>>あびと氏
どーもねー……。
元々は全然風邪なんてひかなかった人間なんだけども。
歳かしら? かしら?

友達からDQのCD借りてるけど、やっぱDQはいいねえ。
新しい方の作品はあんまりやってなくてわからないんだけど、
古い方は色々と思い出深くて相乗効果が。
「この道わが旅」「LoveSong探して」「おおぞらをとぶ」
この辺超名曲。「この道~」は実はカラオケにもあるという謎。
すぎやまさんは現人神です。

喉より鼻水が酷いなあ……。
もうホントに鼻水で溺れられる。
こんなんなったの初めてだから、もう辛くて辛くて……
薬もいまいち効きが悪いしなあ。

新年を健康体で迎えられるようお祈りしております。
------------------------------------------------------------------- +
>>こらる女史

この前とある女性をふざけて「~女史」と呼んだら、
「差別的発言につき減点1!」と言われ奢らされました。
その辺のところについて今度議論を交わしましょう。

おしょうさん……確かに読めなくはないな(笑
誤字脱字クイーンだけに文字の補完能力は高いな!

唄えてたよねーN居。やっぱり唄えないのはネタなんだろうか。
それとも本気で練習してきてたのだろうか……後者だと嬉しいかなぁ。
小田さんの番組は本当に毎年楽しみにしているのですよ。
昔椎名林檎の「ギブス」だったったかな、
唄ってくれたときは(*´д`*)アァハァだったなぁ。
ミスチルも非常に味のある唄い方をしてくれて楽しめたっけ。

やっぱり寒すぎるからだろうけど、風邪っぴき多いねえ。
暖かくして寝てください。
RFやるもいいけど暖は取れよー!
暖かくしすぎて寝落ち、とか待ってます。
【2005/12/29 23:49】 URL | 瀬尾 #qbIq4rIg[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 つれづれ。, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。