FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し前に「楽器をやっている人間にはそれぞれ共通の特徴がある」みたいなことを書いたけれど、本屋でぶらぶらしていたら、それを本として纏めたものを見つけた。

――『オーケストラ楽器別人間学』――
オーケストラ楽器別人間学
なんというか、この厚さにするために(しかしそれでも薄っぺら)無理矢理どうでもいいことを詰め込みましたーという感じがプンプンする、非常に胡散臭い本ではあったのだが、前半部分の「楽器選択運命論」「楽器別人格形成論」は面白かった。悪く言っちゃえば「演奏者の中で言われていることをまとめた感じ」ではあるのだけども、改めて文章に直され、楽器別にきちんと配置されるとこれがまた面白い。自分の周囲にオケやっている人間、やっていた人間、趣味でちょこちょこやっている人間がいたら是非照らし合わせて欲しい。これがまたよく合ってるんだ(笑

読んでると「あるある」の連続。著者がオーボエ奏者だったためか、オーボエに関しては「あいつのこと書いてるんじゃないか……?」と思ってしまった。いちいち細かいくせにいきなりぶっとぶアレは、やはりオーボエが齎したものだったか。神経質な情熱家。リードとかめんどくさそうだったしなあ。

打楽器奏者に関しても的確で、曰く「一人一人がメチャメチャに個性的で、統一感がなく、典型的人格というのを設定するのは、いたって困難である」そうだ。確かに! 打楽器連中はみんなおかしい。なのにそれを誰一人として自覚していない。普通という基準が打楽器奏者が集まるとかなりブレてくる。そしてそうした中、ティンパニをよく演奏する人間だけがまとも(っぽく)見える。さすが指揮者である。よく見てるなあ、と感心した。

ある程度まともな本を期待していたため後半部分は少しゲンナリしたが、シャレと思って読めば楽しめる。周りに楽器やっている人間がいる方、時間があるなら立ち読みでもしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに「パーカス最後の理性の砦」の異名を取っていたのは何を隠そうこのワタクシですよ!


スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 つれづれ。, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。