FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日今日と久々にどしゃぶりだったけど、そんな中、気になってて観ていなかった映画を観てきた。『有頂天ホテル』も観たかったのだけど、公開間もないし人がいっぱいいたらやだなー、ということでこっちを選んだ。

『ハリーポッターと炎のゴブレット』


正直言えば、ハリーポッターはあんまり面白くないと思う。原作は読んでないから何も言えないが、少なくとも映画だけ観た人間としては面白くない。おそらく大量にシーンが省かれているのだろう、各シーンはぶったぎられていて飛び飛びで、人名を覚えることに追われ、「あーこいつ○○って名前だったな」と思える頃には話が終わりかけたりする。一応過去の作品は全部観たのだけども、初回のインパクトにはどうしても劣ってしまい、いまいち惹かれず、以後の作品は観ていると眠くなってしまった。

原作を読めば楽しいのだろうけど、邦訳された原作本は翻訳が気持ち悪くてどうも読めない。おいおいここでそんな言葉を使うのかい、と、平叙文でさえケチつけたくなるというのに、会話文ともなれば頭がくらくらしてしまう。ならば英文の原作を、とも思うのだけど、もともと英語はそんなに読めないし、そんなに苦労して読むならばもっと日本の本でいいのがある――と、躊躇ってしまうのです。要するに「面倒くさがっているだけ」なのだけども……そこまで面白い本なんでしょうか。読んだ友達は口を揃えて「一度読んでみなって!」というのだけど。映画を見た感じでは、作者は伏線はるのが上手で、纏めるのも巧い、という感じを受ける。

------------------------------------------------------------------- +

前置きが長くなってしまった。このように良い印象のなかったハリーポッターシリーズだったのだが、今回のものはCMで観て第一作目以来のワクワク感を覚えていた。三校魔法対抗戦とか、幻想色が濃くて非常に気持ちを揺さぶられていた。是非観たいと思っていた。公開初日に観に行こうとしていたのだが、諸事情でいけなくなってからはすっかり忘れていて、こんなに遅れてしまった。

作品のネタバレはせず、雑感を以下に。

まず楠田枝里子が出てきてびっくりした(楠田さん失礼)。いやーあれは絶対そう思うだろう、日本人なら。彼女を海外風に解釈すればああなる……とはちょっと言えないかもしれないけども、しかし観れば一発でわかる。観終わったあと、友人たちと一番盛り上がったのはその「楠田枝里子」の話だった。一見の価値はある!

……そんなもんだろうか。映像は綺麗だったと思う。あとハーマイオニー役のエマ・ワトソン。相変わらず可愛い。ドツボです。それを泣かせるロンとハリー。許すまじ。でもあのシーン好きだなぁ。こちらもまた一見の価値あり。ハリーポッター作品を観る理由の50%以上はハーマイオニーででk(ry

そんなところかな。あとはめっきり影の薄くなったハリーのライバル、マルフォイ。何回出てきてたっけ? 本当に数えるほどくらいしか記憶にない。報われてほしいものだ。

------------------------------------------------------------------- +

にしても観に行った映画館が酷かった。何が酷いって上映環境があまりに劣悪。映画館といったら大スクリーンに映し出される映像に目を輝かせ、大音量大迫力のサウンドに身を震わせると、そういうものに決まっている。なのにあの映画館といったらスクリーンは小さいわ絵は暗いわ音は小さいわ座席の配置がなってないわと散々だった。何度も行っている映画館だったのだが、六階で観るのは初めてだったのだ。こんなに酷いと知っていたら絶対に他の映画館に行っていた。電車に乗ってでも他に行った。それほど酷かった。吹き替え版の方を観たという友人に聞くと、そっちの方は六階ではないところで上映されていたらしく、全然観れた、とのこと。字幕版を無下に扱うなんてなっていない。立腹しております。

------------------------------------------------------------------- +

機会があったらちゃんとした環境でもう一度観たい。「今までのはつまらなかった」とはっきり言っているこの自分が「もう一度観たい」と言っているのだから、今まで以上には面白いと思う。

一見の価値はある。


スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 つれづれ。, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。