上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックからプログレへ。そこからジャズ、クラシック。トランスからトリップ、そしてラウンジ系へと好きな音楽のジャンルが変遷してきている。以前好きだったものが嫌いになる訳じゃなくて、ごちゃごちゃしたものがうるさく感じたりとか、物足りなくなったりして次の段階へと移ってきた。最終的に自分がどのジャンルの音楽に落ち着くのかが気になるところ。ケルトミュージックとかマイナー(?)なものがマイブームになりつつあるけど、はてさて。まぁどれもメジャーなものしか聴いてないから本当に好きなひとからすれば何言ってんだかな、ということになるんだろうけど。

音楽も勉強してみたいけど、もう少し時間がどっかりと取れるようにならないとダメだろうなぁ。音楽は幼年期の教育がかなり影響するみたいだし、小さい頃音楽なんてなんにもやってなかったからかなり辛い。五線譜がぎりぎり読める程度。もちろん即興で読める訳じゃなくて、「えーとここがドだからシラソ……」みたいな。……これって読めると言えない気がしてきた。ドラム譜とかパーカス譜なら読めるけど、ありゃあ別物だしなぁ。とりあえずピアノでもやってみようかしら。基本っぽいし。

ピアノが弾ける人は凄いと思う。左手と右手が別々に動くなんて、ありゃあ人間じゃない(失礼)。よく「ドラムの方が難しいよ。だって右手左手右足左足全部別々に動くじゃん」とか言うけど、残念それは違います。ドラムには基本のパターンがあって、要はそれの繰り返しと切り貼りです。プログレドラムは違うけど、大抵のドラムはそう。基本の8ビートとシャッフル、あとディスコビート(呼び方合ってたかな)あたりと簡単なフィルを2,3覚えればほらあなたも即ドラマー! それに対してピアノったらパターンとかないでしょう? ……あるのかな。

------------------------------------------------------------------- +

指は家系的に小さいし、とてもピアノには向かないのだけど、それでもピアノはやってみたい。ヴァイオリン(というかビオラ)もやってみたいんだけど、あれは更に敷居が高そうなので後回し。左手で伴奏弾けるようになりたいなあ。簡単な童謡とか弾けるようになったら楽しそう。そしていつかはシューマン! リスト! ショパン! 手首から先誰かと交換しないと無理な気がする。

『のだめ』読んでると本当楽器やれる人間が楽しそうに見える。もちろんあっちにはあっちでまた大変なことだらけなのだろうけど、楽しそうなんだよなあ。結局媒体が何であれ、自分の思考や感情を表現できるものは深いし、やりがいがあるのだろう。経済活動とは別に芸術活動も嗜むべきだ。文章を書くなり絵を書くなり音楽を演るなりしないと、やっぱり人生面白くないだろうと思う。読んだり見たり聴いたりするのももちろんいいけど、自分で実際にやってみるとそれはやはり全然違う。芸術とは全く関係ない分野でも、最先端みたいな域では芸術性が必要となったり勝手に芸術が生まれたりする辺り、人間の根っこなんだろうなぁ。

------------------------------------------------------------------- +

趣味で楽器を嗜む洒落たじーさんになりたいもんです。


スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 つれづれ。, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。